[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

close

医師249名※1のうち92%※2が[機能性表示食品]プラズマ乳酸菌シリーズ iMUSE(イミューズ)を信頼できると答えた。

※1対象者:医師249名 ※2調査委託先:株式会社マクロミル 調査項目:機能性表示食品 プラズマ乳酸菌シリーズ「iMUSE(イミューズ)」に関する届出表示および商品情報を提示した後に、「信頼できるかどうか」を聴取。数値は4段階中「とても信頼できる・信頼できる」と回答した医師の割合。調査方法:WEBアンケート調査(2020年11月11日〜15日)

iMUSE(イミューズ)とは

キリンの35年の免疫研究から生まれたiMUSE(イミューズ)。

人が本来持つ「免疫」のチカラを信じ、食を通じて、お客様の健康的な暮らしを守りたい。その想いで35年間、免疫研究を続けてきました。iMUSE(イミューズ)は、世界の人々の健康で前向きな毎日に貢献していきます。

iMUSE(イミューズ)はキリンの独自素材「プラズマ乳酸菌」、「KW乳酸菌」を使用し、飲料やヨーグルトなど日常的に取り入れやすい商品から、習慣的に摂れるサプリメントタイプまで、お客様の生活シーンに合わせた、様々なラインアップをご用意しています。

プラズマ乳酸菌 iMUSE機能性表示食品

KW乳酸菌 iMUSE eye機能性表示食品

KW乳酸菌配合
iMUSE eye KW乳酸菌の
詳細はこちら

プラズマ乳酸菌シリーズ iMUSE健康な人の免疫機能の
維持をサポート

キリンが35年の免疫研究を通じて
プラズマ乳酸菌の
科学的エビデンスを
積み重ねた結果、
日本で初めて
「iMUSE」が、免疫機能を訴求する
機能性表示食品として届出されました。

機能性表示食品

  • キリン iMUSE professional(イミューズ プロフェッショナル)プラズマ乳酸菌サプリメント

    届出番号
    F184

  • キリン iMUSE(イミューズ)プラズマ乳酸菌サプリメント

    届出番号
    F186

  • キリン iMUSE(イミューズ)レモン

    届出番号
    F182

  • キリン iMUSE(イミューズ)水

    届出番号
    F181

  • キリン iMUSE(イミューズ)ヨーグルトテイスト

    届出番号
    F183

※2020年9月 機能性表示食品の届出情報検索を用いた当社調べ

プラズマ乳酸菌とは

世界初※

プラズマ乳酸菌は、健康な人の免疫機能の維持をサポートする乳酸菌です。世界で初めてpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかけることが論文で報告されています。

※ヒトでpDCに働きかけることが世界で初めて論文報告された乳酸菌(PubMed及び医学中央雑誌WEBの掲載情報に基づく)

プラズマ乳酸菌は国立研究開発法人 理化学研究所の運営する菌株バンク、JCM(Japan Collection of Micro­organisms)から発見されました。免疫細胞「pDC(プラズマサイトイド樹状細胞)」にちなんで名づけられました。キリン・小岩井乳業・協和発酵バイオ及び国内外の大学・研究機関と共同でこれまで多くの論文・学会発表を行っています。

プラズマ乳酸菌イメージ

プラズマ乳酸菌

プラズマ乳酸菌が健康な人の
免疫機能の維持を
サポートするメカニズム

世界初! 「免疫の司令塔」pDCを
活性化する乳酸菌です!

プラズマ乳酸菌以外の乳酸菌は、一部の免疫細胞のみを活性化します。一方プラズマ乳酸菌は「免疫の司令塔」である「pDC(プラズマサイトイド樹状細胞)」を直接活性化することができます。活性化された司令塔の指示・命令により、免疫全体が活性化され、外敵に対する防御システムが機能します。

自社保有の他乳酸菌 → 「免疫の司令塔」pDC → NK細胞 → 健康な免疫維持 [一部の細胞のみ活性化]
プラズマ乳酸菌 → 活性化 → 「免疫の司令塔」pDC → NK細胞/キラーT細胞/B細胞/ヘルパーT細胞 → 健康な免疫維持 [免疫細胞全体の活性化]
NK細胞:異常細胞を殺傷する/キラーT細胞:外敵に侵された細胞を殺傷する/B細胞:外敵に対する抗体を作る/ヘルパーT細胞:キラーT細胞やB細胞の働きを助ける

プラズマ乳酸菌による
pDC(プラズマサイトイド樹状細胞)
活性化エビデンス

プラズマ乳酸菌の2週間以上の摂取によって
pDC(プラズマサイトイド樹状細胞)が活性化!

HLA-DR(pDCの活性化マーカー)pDCの活性化/摂取後・摂取前 - 平均値±標準誤差、** p < 0.01 v.s. 摂取前、# p < 0.05 v.s. プラセボ

【試験概要】
●対象者:健常な男女(38名)
●試験食品:プラズマ乳酸菌を1,000億個含むヨーグルトもしくは含まないヨーグルト(プラセボ)
●摂取期間:4週間

Clinical immunology(2013)149, 509-518

CD86(pDCの活性化マーカー)pDCの活性化/摂取後・摂取前 - 平均値 ± 標準偏差、# p < 0.05 v.s. プラセボ

【試験概要】
●対象者:運動部の大学生(51名)
●試験食品:プラズマ乳酸菌を1,000億個含むカプセルもしくは含まないカプセル(プラセボ)
●摂取期間:2週間

Journal of the International Society of Sports Nutrition(2018)15:39

プラズマ乳酸菌は継続して摂取することが大切です!

CD86(pDCの活性化マーカー)pDCの活性化/摂取期間・非摂取期間 - 平均値±標準偏差、* p < 0.05 v.s. 8週(プラズマ乳酸菌群)、# p < 0.05 v.s. プラセボ

プラズマ乳酸菌の摂取期間はpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)の活性が高く維持され、摂取を中断すると緩やかに低下することが報告されています。

【試験概要】
●対象者:健常な男女(100名)
●試験食品:プラズマ乳酸菌を1,000億個含む飲料
もしくは含まない飲料(プラセボ)
●摂取期間:摂取期間8週間+非摂取期間4週間
薬理と治療 (2015) vol. 43, no. 10

※研究レビューの対象となった論文のうち、代表的な3報を事例として提示しています。なお、本製品を用いた臨床試験ではありません。

プラズマ乳酸菌
シリーズiMUSEで
免疫ケア習慣を
始めませんか?

※生活習慣は規則正しく、バランスの良い食事、
十分な睡眠と適度な運動が基本です。

  • 小岩井乳業株式会社
  • KIRIN
  • KYOWA

キリンはお客様の笑顔のため
「健やか×おいしさ」を目指して取り組んでいきます。

「キリンと健康」に関する
情報はこちら
TOPへ戻る

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ