プラズマ乳酸菌 プラズマ乳酸菌とは? プラズマ乳酸菌は、健康な人の免疫の維持をサポートする乳酸菌です。世界で初めて※pDC(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかけることが論文で報告されています。 ※ヒトでpDCに働きかけることが世界で初めて論文報告された乳酸菌(PubMed及び医学中央雑誌WEBの掲載情報に基づく) プラズマ乳酸菌 プラズマ乳酸菌とは? プラズマ乳酸菌は、健康な人の免疫の維持をサポートする乳酸菌です。世界で初めて※pDC(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかけることが論文で報告されています。 ※ヒトでpDCに働きかけることが世界で初めて論文報告された乳酸菌(PubMed及び医学中央雑誌WEBの掲載情報に基づく)

プラズマ乳酸菌

プラズマ乳酸菌は国立研究開発法人 理化学研究所の運営する菌株バンク、JCM(Japan Collection of Micro­organisms)から発見されました。免疫細胞「pDC(プラズマサイトイド樹状細胞)」にちなんで名づけられました。キリン・小岩井乳業・協和発酵バイオ及び国内外の大学・研究機関と共同でこれまで多くの論文・学会発表を行っています。

免疫の維持に役立つプラズマ乳酸菌についてご説明します。 免疫の維持に役立つプラズマ乳酸菌についてご説明します。

プラズマ乳酸菌が健康な人の免疫の維持をサポートするメカニズム

世界初※!「免疫の司令塔」pDCを活性化する乳酸菌です!

プラズマ乳酸菌以外の乳酸菌は、一部の免疫細胞のみを活性化します。
一方プラズマ乳酸菌は「免疫の司令塔」である
「pDC(プラズマサイトイド樹状細胞)」を直接活性化することができます。
活性化された司令塔の指示・命令により、免疫細胞全体が活性化され、
外敵に対する防御システムが機能します。

※ヒトでpDCに働きかけることが世界で初めて論文報告された乳酸菌(PubMed及び医学中央雑誌WEBの掲載情報に基づく) 一般的な乳酸菌 「免疫の司令塔」pDC NK細胞 キラーT細胞 B細胞 ヘルパーT細胞 プラズマ乳酸菌 活性化 免疫の司令塔」pDC NK細胞 キラーT細胞 B細胞 ヘルパーT細胞 免疫細胞全体の活性化 NK細胞 異常細胞を殺傷する キラーT細胞 外敵に侵された細胞を殺傷する B細胞 外敵に対する抗体を作る ヘルパーT細胞 キラーT細胞やB細胞の働きを助ける ※ヒトでpDCに働きかけることが世界で初めて論文報告された乳酸菌(PubMed及び医学中央雑誌WEBの掲載情報に基づく) 一般的な乳酸菌 「免疫の司令塔」pDC NK細胞 キラーT細胞 B細胞 ヘルパーT細胞 プラズマ乳酸菌 活性化 免疫の司令塔」pDC NK細胞 キラーT細胞 B細胞 ヘルパーT細胞 免疫細胞全体の活性化 NK細胞 異常細胞を殺傷する キラーT細胞 外敵に侵された細胞を殺傷する B細胞 外敵に対する抗体を作る ヘルパーT細胞 キラーT細胞やB細胞の働きを助ける
やるねぇ、プラズマ乳酸菌! やるねぇ、プラズマ乳酸菌!

プラズマ乳酸菌によるpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)活性化エビデンス プラズマ乳酸菌によるpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)活性化エビデンス

プラズマ乳酸菌の2週間以上の摂取によってpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)が活性化!

pDC活性化マーカー(CD86) プラズマ乳酸菌を摂った人 プラズマ乳酸菌を摂らなかった人 免疫の司令塔pDC活性化指標

# 5%の有意水準で統計学的に差がついた

2週間の摂取でpDC活性化!

【試験概要】

●対象者:定期的に運動を行っている男性(51名)

●試験食品:プラズマ乳酸菌を1,000億個含むカプセルと含まないカプセル

●摂取期間:2週間
J Int Soc Sports Nutr. 15(1):39,2018

プラズマ乳酸菌は継続して摂取することが大切です!プラズマ乳酸菌の摂取期間はpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)の活性が高く維持され、摂取を中断すると緩やかに低下することが報告されています。 プラズマ乳酸菌は継続して摂取することが大切です!プラズマ乳酸菌の摂取期間はpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)の活性が高く維持され、摂取を中断すると緩やかに低下することが報告されています。

pDC活性化マーカー(CD86) プラズマ乳酸菌を摂った人 プラズマ乳酸菌を摂らなかった人 免疫の司令塔pDC活性化指標

* 5%の有意水準で統計学的に差がついた(8週目と12週目比較)

# 5%の有意水準で統計学的に差がついた
(プラズマ乳酸菌を摂らなかった人との比較)

続けることが大切!

【試験概要】

●対象者:健常な男女(100名)

●試験食品:プラズマ乳酸菌を1,000億個含む飲料と含まない飲料

●摂取期間:摂取期間8週間+非摂取期間4週間薬理と治療(2015)vol.43,no.10

* 5%の有意水準で統計学的に差がついた(8週目と12週目比較)
# 5%の有意水準で統計学的に差がついた(プラズマ乳酸菌を摂らなかった人との比較)

※研究レビューの対象となった論文のうち、代表的な2報を事例として提示しています。
なお、本製品を用いた臨床試験ではありません。

2020年度「食品免疫産業賞」を受賞! 2020年度「食品免疫産業賞」を受賞!

プラズマ乳酸菌の研究及び機能性表示食品の実現により、プラズマ乳酸菌の研究チームが、2020年10月に日本食品免疫学会の「食品免疫産業賞」を受賞しました。日本食品免疫学会は、食品の免疫調節機能を明確にし、それを裏付けるための免疫機能に関する学術活動を行っています。

サイトトップへ戻る サイトトップへ戻る