免疫ケア×気になるお悩みにWでアプローチ! 免疫ケアサプリメント Wケアシリーズ プラズマ乳酸菌 免疫ケアサプリメント Wケアシリーズ プラズマ乳酸菌

キリン iMUSE 免疫ケア×良眠プラス 日本初! 免疫ケア×良眠プラス ※1 日本で初めて免疫と睡眠の二つの機能で届出公表されたキリンの機能性表示食品と同配合 キリン iMUSE 免疫ケア×内臓脂肪ダウン 日本初! 免疫ケア×内臓脂肪ダウン ※2 日本で初めて免疫と内臓脂肪の二つの機能を持つ機能性表示食品として届出公表されたサプリメント
キリン iMUSE 免疫ケア×良眠プラス
キリン iMUSE 免疫ケア×内臓脂肪ダウン 日本初! 免疫ケア×内臓脂肪ダウン ※2 日本で初めて免疫と内臓脂肪の二つの機能を持つ機能性表示食品として届出公表されたサプリメント
機能性表示食品 ●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。●本品は、国の許可を受けたものではありません。●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

免疫について

人間の免疫は過労や生活習慣の乱れなどで、簡単に下がることが分かっています。 また睡眠の質やストレス、睡眠不足や肥満などによって人間が本来もっている 免疫が低下しやすくなっていると言われています。 だから
免疫を維持するためには規則正しい生活、栄養バランスの良い食事、 適度な運動、十分な睡眠とストレスをためないことなどが大事です。 免疫の低下は目に見えるものではないからこそ 免疫と睡眠 免疫と内臓脂肪をケアして、健康な毎日を過ごしませんか?
  • キリン iMUSE 免疫ケア・良眠プラス キリン iMUSE 免疫ケア・良眠プラス
  • キリン iMUSE 免疫ケア・内臓脂肪ダウン キリン iMUSE 免疫ケア・内臓脂肪ダウン
キリン iMUSE 免疫ケア×良眠プラス
こんな人におすすめ 気持ちのよい朝を迎えたい方 健康に自信をもちたい方
こんな人におすすめ キリン iMUSE 免疫ケア×良眠プラス
気持ちのよい朝を迎えたい方 健康に自信をもちたい方
日本初!免疫×睡眠Wケアサプリメント!
プラズマ乳酸菌とオルニチンをダブルで配合。
プラズマ乳酸菌1,000億個配合 健康な人の免疫機能の維持をサポート オルニチン800mg配合(シジミ約1,800個分)より良い気分の目覚めをサポート
※1 日本で初めて免疫と睡眠の二つの機能で届出公表されたキリンの機能性表示食品と同配合 ※2 1日の目安(6粒)あたりの配合量
オルニチンの効果とは? 詳しくはこちら
オルニチンの効果 オルニチンを継続摂取することで、長く眠ったという感覚が改善! オルニチンを摂取し、起床時の体感を8週間続けて調査。 継続して摂取することで、長く眠ったという感覚が改善され、より良い気分の目覚めをサポートします。 オルニチンがより良い目覚めをサポートするメカニズム ストレスを受けるとストレスホルモン(コルチゾール)の分泌が増加し、 そのような状態が継続すると睡眠に影響※1すると一般的に言われています。 オルニチンは、コルチゾールの分泌増加を抑制することが報告されており※2※3、その働きにより良い目覚めの気分に関係していると考えられます。 ストレスを受けると… ストレスホルモン(コルチゾール)が分泌増加・継続 オルニチン接種なし ストレスホルモン(コルチゾール)の分泌増加が継続 よく眠れた気がしない オルニチン摂取 ストレスホルモン(コルチゾール)の分泌増加を抑制! 良い気分の目覚め! ※1 Journal of Psychiatric Research. 2011 ※2 BioPsychosocial Medicine. 2013 ※3 Neuroscience Letters. 2012
キリン iMUSE 免疫ケア×内臓脂肪ダウン
こんな人におすすめ
旅行や食事、外出先での楽しみが増えた! でも… おうち時間が長い間に体を動かす機会が減った
おなか周りの脂肪が気になる方 ※ バランスの良い食事と適度な運動を。
こんな人におすすめ キリン iMUSE 免疫ケア×内臓脂肪ダウン
旅行や食事、外出先での楽しみが増えた! でも… おうち時間が長い間に体を動かす機会が減った おなか周りの脂肪が気になる方 ※ バランスの良い食事と適度な運動を。
日本初!免疫×内臓脂肪Wケアサプリメント!
プラズマ乳酸菌と葛の花由来イソフラボンをダブルで配合。
プラズマ乳酸菌1,000億個配合 健康な人の免疫機能の維持をサポート 葛の花由来イソフラボン 肥満気味な方の内臓脂肪を減らすのを助ける
※ 日本で初めて免疫と内臓脂肪の二つの機能を持つ機能性表示食品として届出公表されたサプリメント
医師もWケアを推奨!
体に備わった免疫システムを十分に発揮させるためには、日頃から体の恒常性の維持が重要です。 この観点で、近年「内臓脂肪」 と「免疫」の関係に注目しています。 内臓脂肪が多く肥満気味の方は、いざという時に免疫機能が低下してしまう可能性があります。 内臓脂肪が気になる方は、ぜひ「内臓脂肪」と「免疫」をダブルで対策することをお奨めします。
北村義浩先生 日本医科大学 特任教授 長野保健医療大学 特任教授 体に備わった免疫システムを十分に発揮させるためには、日頃から体の恒常性の維持が重要です。 この観点で、近年「内臓脂肪」 と「免疫」の関係に注目しています。 内臓脂肪が多く肥満気味の方は、いざという時に免疫機能が低下してしまう可能性があります。 内臓脂肪が気になる方は、ぜひ「内臓脂肪」と「免疫」をダブルで対策することをお奨めします。
医師もWケアを推奨! 北村義浩先生 日本医科大学 特任教授 長野保健医療大学 特任教授 体に備わった免疫システムを十分に発揮させるためには、日頃から体の恒常性の維持が重要です。 この観点で、近年「内臓脂肪」 と「免疫」の関係に注目しています。 内臓脂肪が多く肥満気味の方は、いざという時に免疫機能が低下してしまう可能性があります。 内臓脂肪が気になる方は、ぜひ「内臓脂肪」と「免疫」をダブルで対策することをお奨めします。 葛の花由来イソフラボンの効果とは? 詳しくはこちら
葛の花由来のイソフラボンの効果 「葛の花」は鮮やかな紅葉色で夏から秋にかけて咲き、「秋の七草」の一つに数えられる生命力が強い植物です。日本では「葛湯」や、「葛きり」など、。古くから健康素材として食されてきました。 近年、葛の花由来のイソフラボン(テクトリゲニン類として)には、肥満気味※な方の体重やおなかの脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能が発見されました。 ※BMI25以上30未満 実証!葛の花由来イソフラボンを12週間摂ることで… さらに!体重・ウエストにも変化が! 高野ら:応用薬理,93(1/2),1-6,2017より作図 ー試験概要ー ・摂取方法:試験食品または対照食品を1日2粒12週間摂取 ・試験開始前と同様の生活を送ること、多量のアルコール摂取をしないこと、夕食後2時間以内に就寝しないこと、22時以降は間食も含め食事をしないこと、各食事の感覚を3時間以上あけることなどを、試験期間を通じての注意事項として被験者に説明した。 ・対象者:BMIが23以上30未満、20歳以上65歳未満の健常男女(肝機能値正常者) ・対象者数:試験食品30人 対照食品32人 ・葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)の摂取量:試験食品 22mg/日 対照食品 0mg/日 ※研究レビューの対象となった論文のうち、代表的な1報を事例として提示しています。なお、本製品を用いた臨床試験ではありません。 葛の花由来イソフラボンがおなかの脂肪を減らすのを助けるメカニズム 脂肪に働きかける3つの効果 1 脂肪の合成抑制 2 脂肪の分解抑制 3 脂肪の燃焼促進 ※イラストはイメージです。 ※非臨床試験等の結果より考えられるメカニズム。考察でありヒト試験により検証されたものではありません ※Kamiya eta al., Evid Based Complement Alternat Med., 2012,272710,2912 Kamiya eta al. Glob J Health Sci., 4,147-155,2012

健康な人の免疫機能の維持をサポートするプラズマ乳酸菌

一般的な乳酸菌とのメカニズムの違い プラズマ乳酸菌は一般的な乳酸菌と異なり免疫細胞の司令塔である pDC(プラズマサイトイド樹状細胞)に直接働きかける唯一の乳酸菌なのです。 ※乳酸菌の中で唯一、免疫の司令塔の一つpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)を直接活性化することが論文で報告されている。(2022年5月1日キリンホールディングス調べPubMed及び医学中央雑誌WEB掲載情報に基づく) プラズマ乳酸菌を2週間以上の摂取によってpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)が活性化!